So-net無料ブログ作成
検索選択

洋楽との出会い [音楽]

洋楽がなんとなく好きだなぁ、と思うようになったのは中学生の時でした、

と書きたいところですが、

実際には、中学校の「先生」をしていた時でした。

英語教師であったにもかかわらず、
しかも、歌が大好きだったのにもかかわらず、英語の歌には興味がなかったのですね。

しかし、英語の先生になって初めて、
先輩教師に「英語の歌を歌って文法を楽しく教えられるよ」と勧められて、
授業で使うために洋楽を聴き始めたのです。

文法を楽しく、とはどういうことかというと、たとえば

Queenの「I was born to love you (私はあなたを愛するために生まれた)」なら
不定詞の副詞的用法、

BeatlesやCarpentersの「Ticket to ride (乗るためのチケット)」なら」
不定詞の形容詞的用法、

Carpentersの「Sing!Sing a song! (歌って、歌を歌ってよ!)」や
Beatlesの「Please, please me(どうぞ、私を喜ばせてください)」なら
命令形、そんな感じです。

勉強と絡めると楽しくなくなりそう???



カーペンターズやBeatlesはよく使いました。

最新の曲、というよりは、有名な曲で、多くの生徒がその曲を聞いたことがあり、
歌詞を知りたい!と思えるような曲を選んでいました。

そうこうして、いろいろな曲を探すうちに、段ボール2箱くらいの洋楽のCDを
購入してしまいました。

いろいろな事情があって、先生は辞めてしまったけれど、今でも
洋楽が好きで、たまに聞いています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日聞いている歌「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」アンジェラ・アキ [音楽]

ちょうど、中学校の先生をしていた時に発売されたこの曲。
今、May Jという人がカバーしたことで、また少し話題になっているようです。

この歌を聞くと、先生時代の思い出がよみがえってきます。

先生だった時に、「学校では友達を作れ、それが一生の宝になるから」
とよく言っていました。

悩んでいるときにも、打ち明けられる友達がいれば、一緒に悩んでくれる、
アドバイスしてくれる、気持ちを分かち合える、そして
強くなれる、

自分の経験からの言葉でした。

先生をやっていたときは、辛いことも多かったけれど、
同僚の先生に相談し、何度も何度も助けてもらいました。

愚痴があるときは、友達に相談し、話を聞いてもらっていました。

仲間、友達、その時の同僚は、私の財産です。

さて、この曲「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」ですが、
当時、これに感化されたわけではないですが、
「20になった自分に手紙を書こう」というのをやりました。

これは勤めていた町の取り組みで、
この生徒たちの成人式の時に、
中三で書いた手紙を配るというものです。

なんか、すごくこの曲を地で行ってると思いませんか?

この曲が真似したの?

面白いですよね。

手紙には、封をしたので、私も生徒が書いた中身を読んでいません。

未来の自分に書いた言葉を、

5年後の成人式で、大人になったあの子たちは
どのような気持ちで読むのかな・・・


今年一番、感動した歌 「ちいさな きみの うた」 [音楽]

最近1番感動した歌の紹介をしたいと思います。

そのタイトルは「ちいさな きみの うた」
こどもちゃれんじのCMソングだそうです。
(今はCMの放送はないみたいです)

この歌をきくと、コロくんを産んだ時の感動や
今、コロくんからもらっている幸せな気持ち、
これからも子どもを大事に大事に育てていこう、
という気持ちがあふれてきます。

この曲を初めて聞いたのは、1月。
出だしの歌詞を聞いた瞬間から涙があふれてきました。
何度も何度も繰り返し聞いて、歌詞も曲も暗記してしまいました。

そして、気が付くとコロくんに「ありがとう、うちの子になってくれて」
という感謝の気持ちを伝えずにはいられなくなります。

母親が子どもに抱く愛情ってすごいと思います。
今、コロくんが可愛くてかわいくて、
私がさんじゅううん年間生きてきてこれまで感じたことのないような
すごくすごく幸せな時間を子どもがくれます。

出産するまで、自分の人生の中にこんなに幸せな時間がやってくるなんて
想像もしたことがありませんでした。
ってか、こんな幸せな気持ちが、
存在するってこと自体を知りませんでした。

子どもができる前までは、自分が子どもをもつことに
そんなにこだわっていたわけではありません。
だから、なおさら自分の気持ちに驚いています。


★この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます★
●TOEベビーパークの発達診断【画像つき】内容と子どもの診断結果
●ベビーパークの体験レッスン①【口コミ 評判 比較】
●ベビーパーク体験レッスン 体験談 その2
●テアトルアカデミー赤ちゃんモデル部オーディションを受験してきました!【記録】
●桶谷式母乳育児相談室と生理の再開
●オキシトシンと幸福感、主人への嫌悪感
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。