So-net無料ブログ作成

洋楽との出会い [音楽]

洋楽がなんとなく好きだなぁ、と思うようになったのは中学生の時でした、

と書きたいところですが、

実際には、中学校の「先生」をしていた時でした。

英語教師であったにもかかわらず、
しかも、歌が大好きだったのにもかかわらず、英語の歌には興味がなかったのですね。

しかし、英語の先生になって初めて、
先輩教師に「英語の歌を歌って文法を楽しく教えられるよ」と勧められて、
授業で使うために洋楽を聴き始めたのです。

文法を楽しく、とはどういうことかというと、たとえば

Queenの「I was born to love you (私はあなたを愛するために生まれた)」なら
不定詞の副詞的用法、

BeatlesやCarpentersの「Ticket to ride (乗るためのチケット)」なら」
不定詞の形容詞的用法、

Carpentersの「Sing!Sing a song! (歌って、歌を歌ってよ!)」や
Beatlesの「Please, please me(どうぞ、私を喜ばせてください)」なら
命令形、そんな感じです。

勉強と絡めると楽しくなくなりそう???



カーペンターズやBeatlesはよく使いました。

最新の曲、というよりは、有名な曲で、多くの生徒がその曲を聞いたことがあり、
歌詞を知りたい!と思えるような曲を選んでいました。

そうこうして、いろいろな曲を探すうちに、段ボール2箱くらいの洋楽のCDを
購入してしまいました。

いろいろな事情があって、先生は辞めてしまったけれど、今でも
洋楽が好きで、たまに聞いています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。