So-net無料ブログ作成
検索選択

予防接種 BCG編 [育児]

BCGの予防接種を市の保健所に受けに行きました。
少子化もなんのその、同じくらいの月齢の子どもが60人ほど集まっていました。

9時から受け付け開始で、9時5分に行ったら、受付番号が38番。えー。
そして、9時から受け付け開始のはずなのに、9時に説明会が始まっていました。

9時の説明会には入れずに、9時半の回にまわされてしまいました。
9時より早く行っていいなら、行ったのにな、、、

説明会まで20分以上、待たされたわけですが、
待っている間、うちのコロくんは、周りの人(大人にも子どもにも)に愛想を振りまいています。
後ろの赤ちゃんに「にこにこ」右隣のお母さんににっこり。

この子は人見知りしないのかな?

笑って、笑顔で注射を受けられるかな?
そんなわけないか。

説明会が開始され、じっとしていられないコロくんは、
私の膝の上でぴょんぴょん飛び跳ね、
うっうっと可愛い声を出しています。

さて、注射会場へ。
ここでも15分ほど待たされました。

左腕を出して、診察を受けます。
コロくんは、頭を押さえられて医者が喉を見た瞬間に、
のけぞって、「うえーん」

注射を受けるために待っている間、消毒をしてもらって
「うえーん」

そして、いざ注射をしてもらって
「ぎゃー!!!」

みているこっちが辛いです。

すごく長い針が、コロくんの左腕に入っていきます。
医者もぎゅーぎゅー押しつけます。

2回も。

これは痛い!

頑張ったね、コロくん。
痛かったね。

もう大丈夫だよ。

終わってからも、うちのコロくんは、ずーっと、うえーんうえーん、と
目をギュッとつぶって、涙をぽろぽろこぼしながら、泣いていました。

周りの他の子は、けろっとしているのに、、、
うちの子だけずっと泣いてる。

あらら・・・

もしかして、怖がりかな?

今のところ、コロくんは、
人見知りをしなくて、周りに愛想を振りまく、怖がりさん。
ということで。


BCGは結核を予防するものです。
毎年2万人以上の人が結核を発症するそうです。
大人が感染しても、発症するのは1割程度だそうですが、
子どもがかかると抵抗力が弱いので重症化しやすいそうです。

BCGを受けた後、1か月から2か月後が一番、赤みが強くなり、
3ヶ月くらいで薄く目立たなくなるそうです。

今日は入浴はOK,だけど、接種したところは、こすらないように、との
指示を受けました。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。